自動化して業務の効率アップ

新着リスト

就職希望の学生を取りこぼしの無いように

もっと読む

採用管理は優秀な人材確保への近道になる

もっと読む

新卒採用の採用管理システム

今回は、新卒採用における採用管理、支援システムの紹介をします。新卒採用といえば、「リクナビ」「マイナビ」に企業が一斉掲載をして、求職者が就活解禁となるタイミングで一斉にエントリーをするフローが通常でしたが、やはりそのやり方では大企業が優位な結果は毎年変わらず、中小企業の選考が後まで残り、結局優秀な人材が大手企業に偏ってしまうといった事象になってしまいます。
よって今ではより効率的に新卒採用をしていけるように、採用プロセスで蓄積したデータを表やグラフにまとめたり、インターンから本採用、最終的な内定者フォローまで一括管理することができるのです。採用する業態に合わせてKPIを設定することでデータ分析を基にして戦略的に採用することが可能になります。
システム内で、求人票の作成から、選考フローの構築・応募者の管理、採用スケジュールの管理、学生へのメッセージ、内定者フォローといったように全てのフローをワンストップで管理することができるので採用業務を効率化してパフォーマンスを最大化することができます。求人サイトのみでは限界があるところまで採用ビジネスは来ています。より効率よく優秀な学生を採用していくには必要なシステムだと思います。

なぜ採用管理システムで効率化が図れるのか

企業というものは日々業績を上げるため、仕事をする所なのだと思います。しかし当然会社には様々な細かい業務も必要で、特に採用・人事の仕事はとても大切ですよね。人材は企業の根幹な訳ですから、ここは絶対手を抜いてはいけない部分です。ですから優秀な企業は当然ここは重視しますし、時間も人員もかけます。しかし意外と気になるのは、応募情報の管理に多くの時間が取られてしまう事です。
本当は応募者の見極めに時間を割いて、優秀な社員を得たいはずです。それなのに管理作業に時間をかけていると、じっくり選定も出来ませんしその間に優秀な人材がどこかへ流れていくかもしれません。それは非常に惜しい事で、自動化が可能な業務があるのならばとことん自動化を目指すのが、この先の時代大切になって来ます。
実は多くの企業が次々と採用管理システムを導入しています。それは何も大企業だけの事では無く、中小企業でも見られる傾向です。そんな中にあって、導入が遅れてしまいますとさらに事態は深刻になっていくでしょう。効率的な採用をする企業に、次々と優秀な人材は取られていくからです。何でも自動化、クラウド化の時代ですから仕方の無い事かもしれませんが、時代を見極めて新しい技術を使っていかなければ生き残れない時期が来ているのかもしれません。

ニュース

2017/08/28
就職希望の学生を取りこぼしの無いようにを更新しました。
2017/08/28
積極的に採用をするつもりなら検討をを更新しました。
2017/08/28
採用管理は優秀な人材確保への近道になるを更新しました。
2017/08/28
売り手市場における採用管理の在り方を更新しました。