採用管理は優秀な人材確保への近道になる

採用管理システムの有用性について

採用管理なんて表計算ソフトを使用していれば十分と思っておられる方は、厳しい言い方になりますが、もはや採用担当者としてはふさわしいとは言えません。ですので、すぐにその職から退いていただいた方が良いかもしれませんよ。
人材採用というのは、一昔前であれば「採用してやる」という上から目線でも、求人広告やネット求人媒体に募集要項を出していれば母集団形成は可能でしたよね。現在でもその傾向は根強いのですが、さすがに数百社、数千社と同じ戦略を取っていれば、ネームバリューの無い企業は埋もれてしまいますよね。実際にそのような状況に陥っている企業は少なくないため、募集はしているが人が集まらないという悲しい事態になっていたりするわけですね。これはもう、戦略の誤りとして早急に方向転換をしなければならないのです。
そこで有用なのが採用管理のシステムなのです。採用管理のシステムを構築することにより、母集団の形成はもちろんのこと、その後の採用フォローについても滞りなく実行に移すことが出来るのです。
これからの時代は、ただ漫然と採用をしていても優秀な人材は集まってはきません。ですので、こうした採用管理のシステムを整えてから採用に臨むべきなのですよ。

採用管理でスピード感と確実性を向上

採用管理をする際にネックになってくるのが、実はスピードと確実性の問題だったりするんですよね。採用も短期間でポンポン終わらせられるようなものばかりだと良いのですが、例えば新卒採用のような大人数を選考しなければならないという状況ですと長期間それに向き合わなければなりません。当然、採用側としてはじっくりと吟味をしてお互いの齟齬が無いように採用活動をしたいわけですが、のんびりしすぎていると他社に獲られてしまう可能性もあるわけです。採用活動をしたことのある人間であれば、そのような悔しい思いをした経験は一度や二度ではないでしょう。だからこそ確実性とスピードが求められるわけですよ。ところが、こうした採用活動は大人数で行えるわけではありません。場合によっては二~三人で行うこともあるでしょう。こうなると、採用の現場は大混乱してしまいますよね。
そこで有用になるのが、採用管理を専門に取り扱っているシステムなのですよ。このシステムを用いることで、採用のスピードや確実性が格段に上がります。特に確実性に関しては、面接で受けた印象や長所、短所などが見える化されたりもしますので、誰が面接をしてもブレないで選考を進めることが出来ますよ。情報共有も採用管理システムですぐに可能になりますので、スピードアップと確実性の向上が実現できるわけなのです。

ニュース

2017/08/28
就職希望の学生を取りこぼしの無いようにを更新しました。
2017/08/28
積極的に採用をするつもりなら検討をを更新しました。
2017/08/28
採用管理は優秀な人材確保への近道になるを更新しました。
2017/08/28
売り手市場における採用管理の在り方を更新しました。