売り手市場における採用管理の在り方

なぜ採用管理システムが必要なのか

採用管理システムとは、企業の採用業務を一元管理するシステムで、業務の効率化、コストの適正化を狙うシステムのことです。英語圏では「ATS」と略称で呼ばれています。近年ではシステム初期費用を抑えているクラウドサービスの形式のものや、中途採用、新卒採用、アルバイト向けと雇用形態に合わせた採用管理システムが数多く導入されています。
現在の企業の課題の一つに、せっかく採用しても定着しないといったことが挙げられています。いわゆる優秀なマッチングした人材が採用できていないのです。この課題を採用管理システムを通じて解決することができます。前提として優秀な人材は引く手数多です。
なので、採用管理システムで候補者にあった最適な質問リストを作ったり、他の面接官にも共有したり、候補者をタイプ分けして相性のいい面接官をアサインしたり、優秀な人材をシステムを使って戦略的に採用をすることができるのがシステムのメリットです。未だ、Excel管理をしている企業は多いと思うけど、一元管理することのメリットは大きく、業務効率化だけではなく、優秀な人材を最終することが目的であることを念頭に置いていると自ずと必要と理解できるシステムであると思います。

企業が学生に頭を下げる時代

現在、日本ではバブル期(1986~1991年)を超える有効求人倍率(2017年5月時点で1.49倍)にあります。すなわち、企業が欲しいだけ数の求人が集まらないのです。就業者を男女別にみると、男性は3688万人、女性は2859万人(2017年5月時点)。女性の就業者数は1953年以来過去最多になっており、人手不足を女性で補充しようとしていることがうかがえます。
アナリストは「当分の間は定年(65歳)を迎えた高齢者を非正規で再雇用するほかない」と人手不足が長期化するとみています。こうして、企業の採用実績(2017年春)は「計画をやや下回った」との回答が全体の58%にも上りました。また、学生の人気の高い金融機関は「計画通り」が75%でした。売り手市場で大都市圏の大手企業を目指す学生が多く、担当者は内定辞退者の増加に苦慮しています。
2018年春の採用活動では約9割の企業が会社説明会の回数自体や県外での開催を増やす予定です。ある中小メーカーは若手社員がみずからの出身大学を訪れ、後輩の学生らに自社の魅力を伝えてリクルート(新人募集)に努めています。また、高知県に製造拠点を持つメーカーは従業員が大学で講義したり、学生に共同研究に参加してもらったりして、学生に仕事を紹介しています。

ニュース

2017/08/28
就職希望の学生を取りこぼしの無いようにを更新しました。
2017/08/28
積極的に採用をするつもりなら検討をを更新しました。
2017/08/28
採用管理は優秀な人材確保への近道になるを更新しました。
2017/08/28
売り手市場における採用管理の在り方を更新しました。